赤鬼 (三軒茶屋/居酒屋)

R0017181

Ben Folds Five 昭和女子大 人見記念講堂公演のあとに行ったお店をもう一軒ご紹介します。「赤鬼」というこちらは日本酒の品揃えが素晴らしいお店です。なんと100銘柄以上の日本酒があるとのこと。十四代は全銘柄そろっており、PBまであります。日本酒好きにはたまらないお店ですね。この日は十四代、王祿、佐久の花などをいただきました。

お料理も日本酒に合うものばかり。日本酒に力点を置いた日本酒を美味しく飲むためのメニュー作りに好感が持てます。この日はもう三軒目だったので、軽いものをいくつか頼みました。

R0017183
お通し

R0017186
白子昆布風味

R0017188
ウニと山芋

R0017193
ふぐ刺し

店員さんもとても丁寧な接客ですし、日本酒のことが好きなんでしょう、詳しいので自分の好みを言えば、いろいろとお薦めしてくれますよ。

赤鬼 (三軒茶屋/居酒屋)
Tel 03-3410-9918
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-15-3
営業時間    
[月~金] 17:30~23:30
[土・日・祝] 17:00~23:30
定休日 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五臓六腑 久 三軒茶屋店 (三軒茶屋/居酒屋)

R0017171

今日は、先月昭和女子大人見記念講堂で行われたBen Folds Fiveのあとにいった「五臓六腑 久」というお店を紹介します。「五臓六腑」というお店は、全国各地にありますが、こちらの五臓六腑は渋谷と三軒茶屋で計3店舗、各店舗ごとに料理・コンセプトを変えて出店されているお店です。

どのお店も焼酎をメインとしたお店ですが、こちらの「五臓六腑 久」は新鮮な豚肉をいろいろな調理方法で楽しませてくれます。

このお店にきたら絶対食べたい料理が2つあります。(たぶんみんな頼んでいるので、知らなくても周りをみていれば頼むと思いますが)一品目は、刺身の盛り合わせ。

R0017161

1200円で、この量!?というくらいのボリュームにまず驚くはず。新鮮な生肉の甘みと旨みを堪能できます。牛レバー、ユッケが食べられなくなり(ユッケは高級店では食べられますが)、こういう質の高い豚刺しを出してくれるお店に、これまで以上に感動を覚える昨今です。

R0017163

もう一品はレバニラ炒め。厚く切ったレバーの柔らかさには、びっくり。みずみずしいもやしとニラも見事に融和してます。ニンニクの香りがさらに食欲をそそり、またお酒も進みます。臭みもないので、「レバーはちょっと・・・」という人も試してほしい一品です。

R0017167

串の焼き加減も絶妙で、ジューシー。各部位ごとの肉の旨みを堪能しながら飲む酒の、なんとうまいことでしょう。

焼酎の品揃えが良いのも嬉しいところです。20~30銘柄くらいあると思います。しかもグラスは一律550円で安い!!僕の好きな萬膳もあり、他の銘柄もいろいろ試した結果、この日も飲みすぎました。(笑)

料理もお酒も安くうまいけど、難点が2つ。無愛想な接客と喫煙可なところ。接客は慣れました。(笑)でも、せっかく美味しいものを食べるのに、煙草の煙の中で食べるのでは台無し。なので、あまりひどいときは入らないようにしています。(汗)でも最近はごはん屋さんでの喫煙率も減ってきて、この日も奥のほうで一人吸われているだけだったので、快適でした。

五臓六腑 久 三軒茶屋店(居酒屋/三軒茶屋)
Tel.03-3422-1919
住所:東京都世田谷区太子堂2-15-8
営業時間:18:00~03:00(L.O.02:00)
定休日:日・祝
最寄のライヴ会場:昭和女子大人見記念講堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラフトビアマーケット 神保町店 (神保町/ビア・バー)

今日ご紹介するのは「クラフトビアマーケット」というお店。この日はNickelbackのライヴ帰りのお客さんもかなり多かったですね。バンドTシャツ着た人もたくさんいらっしゃいました。

こちらのお店は虎ノ門にもお店があり、僕はそちらがお気に入りで何度か行ったことがあるのですが、今年、神保町に2号店ができたということでNickelbackの日本武道館公演ついでに行ってきました。

このお店の最大のウリは、30種類のクラフトビールがどれもグラス480円で飲めること。なんとも他のビール専門店泣かせのお店です。(1パイントは780円均一です)国内ビール中心に海外のビールも取り扱うことで、値段は抑えつつも地ビール専門のお店よりも幅があり、ついつい長く飲んでしまいます。

R0017044
グラスは250ml。これで480円はやっぱり安い!

R0017048_0
タップ数30はやはりすごいですね!

R0017063
バーレーワインもあります。100mlで480円。〆はこれです。バーレーワインの香り
を楽しんだあとは、気持ちよく眠れそうです。

ちなみにこの日僕がいただいたのは、スワンレイク ホワイトスワンヴァイツェン、Bear Republic Brewing レッドロケットエール、Bear Republic Brewing ビッグベアスタウト、あくらキゥイIPA、BREWDOG パンクIPA、サンクトガーレン ウン アンヘル/天使の意 ウィートワイン、Nagane O Brewery #100 ホッピーバーレーワインなど、でした。

フードもちょっと一手間かかっているのがわかるうれしい逸品ばかり。しかも、こちらも安いんです!ほんと周りのお店は迷惑しているんだろうと思います。(笑)

R0017032
ポーションを大きく切ったパテ・ド・カンパーニュ。食べ応えがあります。マスタードと一緒に食べると、ビールによく合います。ボリュームがありますが、箸休めのピクルスがあるので、ペロッと食べちゃいました。

R0017037
焼き野菜のポトフ。冬はやっぱりこういう一品が嬉しいですね。心も身体も温まりますね。

R0017042
合鴨のコンフィ。濃い目のビールにはこういったしっかりした味の料理がいいですね。

R0017062
洋風茶碗蒸し。茶碗蒸しのイメージではないですが、クリーミーでコクのある味。

R0017067

最後に外観写真。ガラガラに見えるかもしれませんが、これは帰るときに撮ったから。10時過ぎまでは、12月の寒い中だというのに、外の席まで埋まってました。それも納得の価格と味でした。

【クラフトビアマーケット 神保町店】
住所:東京都千代田区神田神保町 2-11-15 住友商事神保町ビル1F
TEL :03-6272-5652
営業時間:
ランチ 11:30 - 14:00
ディナー 17:00 - 23:30
定休日:土曜・日曜・祝日
最寄のライヴ会場:日本武道館

| | コメント (2) | トラックバック (1)

四季旬菜 かん(銀座/和食)

今回ご紹介するのは、国際フォーラムで行われたDAVID FOSTER & FRIENDS のあとに行った「四季旬菜 かん」というお店です。今年はしょっぱなから撮りためていたブログ用写真のデータが消える、というショックから、ライヴのあとごはんにいっても、しばらく写真を撮ってなかったのですが、この時は連れに促されたこともあり久々に撮りまして、今日はちょっと時間があるので更新したいと思います。

この日はPaul Young目当ての連れに誘われて観にいったのですが、その連れがPaul Youngのあまりの劣化ぶりに「僕の青春が・・・(泣)」とシュンとなっていたので、これは励ますためにもなにか美味しいものでもご馳走しなくては!!と思い行ったお店が今回ご紹介する「四季旬菜 かん」です。

R0016902

場所が銀座なのでコスト・パフォーマンスは良いとはいえませんが、銀座の路地裏の一軒家という隠れ家的な魅力と、夜遅くまでやっているという使い勝手の良さが気に入ってます。

まずはお通し。
R0016873
R0016875 R0016874

3品。これがポイント。お通しが3品出てくるお店が好きなんです。
お通しが1品だと間がもたないし、3品お通しを出すお店は、お通しにもこだわりをもっているので変なものは出さないんですよね。

R0016881

山芋磯部揚げ 生うにのせ。磯辺揚げにウニがのってます。(笑)贅沢な美味さです。

R0016883

メヒカリの唐揚げ。熱々のうちにレモンをさっと絞っていただきます。サクッとして、中はフワッ。趣があって、日本酒にもビールにもあう逸品。

R0016891

レンコン海老進丈挟み揚げ。冬に美味しい一品ですね。

R0016887

焼き鳥。一流の焼き鳥専門のお店の味には少し劣るけど、大きく切ってやかれた鶏肉はジューシーで、そこいらの焼き鳥には負けない味でした。柚子胡椒でいただきました。

R0016895

くりから焼きは、山葵をたっぷりつけていただきます。鰻と山葵の相性はやはりいいですね。

R0016889

この日は日本酒をいただきました。美味しいけど、値段はちょっぴり銀座価格。。。飲み過ぎなくてよいです。(苦笑)

ちなみに、コース(5,000円~)だと、玉もと焼き、フカヒレ、うに、生いくらカニ、海老の入った豪華茶碗蒸し、おでん、と言った、こちらのお店の名物料理が一通り食べられてお得ですよ。でも、ライヴのあとに、コース料理は選択としては、ないかもしれませんね。(汗)

【 四季旬菜 かん 】
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-1
TEL :03-3574-2110
営業時間:   
月~金    17:30~03:00(L.O.02:00)
土    17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:日・祝
最寄のライヴ会場:東京国際フォーラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Bar(デンマーク/ビア・バー)

今回ご紹介するのはRoskilde Festival参加のためにデンマークにいった時に立ち寄った、
世界的にも有名なブリュワリーMikkeller社が直営するバー「The Bar」を紹介したいと思います。場所はコペンハーゲン・セントラル・ステーションから徒歩10分くらいのところにあります。

Mikkellerはファントム・ブリュワリーという、自社の醸造所をもたない形態が特徴。その都度、世界各国の個性的なマイクロブリュワリーと提携し、革新的で個性的なビールを世に送り出してきました。その都度、違うブリュワリーと提携する為、あの時のあれがまた飲みたいとおもっても、同じものが飲めないのも特徴だったりします。

そのMikkellerが直営する現在唯一のお店がここなんです。Mikkellerを中心に個性的な生ビールが常時20種類あるんです。

P1020834

日によって樽がかわるので、つい通ってしまいます。その他に瓶も多数の品揃えがあり、ビール好きには天国みたいなところです。MadonnaやChirs Cornellのコペンハーゲン公演の前や、Roskildeの本編初日(木曜日)は開演時間が遅めなので、その日にも行きました。

試飲もさせてくれるので、自分の好きなビールを安心して飲めます。どれがどんな味なのか、わからなければ、好みを言えばお薦めのビールも教えてくれますよ。

P1020607

まずは、一杯目。ピルスナー。豊かで芳醇でありながら、甘酸っぱく清清しい柑橘系の香りがやみつきになります。

P1020609

これはコーヒーIPA。コーヒーの香りとホップの香りが絶妙にマッチしていることに驚くはず!

デンマークのお店をここで紹介するのは、どうかともおもったのですが、短い滞在期間の中でも通ってしまうくらい素敵なお店だったのと、ビール好きの人にはぜひ飲んでほしいと思うビールなので、今回紹介させていただきました。日本でも、瓶は輸入しておいているお店もありますし、生ビールもたまにありますので、興味を持った方は是非探して飲んでみてください。特にベルギービールが好きな人ははまると思いますよ。

http://mikkeller.dk/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かね萬(福岡/肉料理)

久々の更新です。本当は広島の続編やら、福岡の他のお店もあったのですが、せっかく撮った写真のデータが消えました。(泣)
それでずっといじけてまして、久々の更新というわけです。(笑)なのでお店の外観もありません。たまたま残っていた3枚の写真のみのレポです。(汗)

今回紹介するのは、福岡の天神から少し歩いた春吉というエリアにある「かね萬」というお店です。昨年12月のAerosmithの福岡公演が終ってから行きました。春吉はコスト・パフォーマンスが良いお店が多いので、福岡遠征のときはこのあたりでけっこう飲むんですけど、自分の中で絶対候補にあがるお店のひとつがこの「かね萬」です。

オーナーが数年前に引退されましたが、その味はいまだ健在です。一番のお目当てはなんといっても生肉盛り合わせ。この頃は生肉を自粛する店が相次いでいる時期だったので心配でしたが、変わらず提供されていました。もちろんこの日も生肉盛り合わせをいただきました。

R0013949

ハツ、サガリ、タン、レバー、センマイ、馬肉のお刺身が豪快に盛られます。これをつまみながら焼酎をグイッと行くのが福岡遠征の醍醐味の一つになってます。(笑)
肉の角が立っているのがわかりますか?新鮮な証拠です!!
肉って、こんなに甘いんだ!!といつも感動させられます。

R0013950

センマイにつけるカラシ味噌を含めタレが4種あるのも、お店のこだわりを感じさせてくれます。特にセンマイにつけるカラシ味噌は絶品です。

タン焼きやサガリ焼き、きもてきもお薦め。焼くことで肉の違った旨みを堪能することができます。この日はタン焼きをいただきました。タン特有の食感は確かにあるのですけど、ものすごく柔らかくて、今まで食べていたタンはなんだったのだ???ってなりますよ。

その他、福岡名物の一口餃子なんかも人気メニューです。

あと、焼酎の品揃えがいいのも嬉しいポイントです!

R0013947

九州来たって感じになります。僕の大好きな「萬膳」があったので、この日はロックでいただきました。もうほんと幸せです。グラスに並々と注いでくれるんですが、それでこのお値段はお得です!

来月からレバ刺しの提供が禁止になってしまいます。こちらのお店の生肉盛り合わせがメニューとしてどうなるのかはわかりませんが、少なくともレバ刺しはもう食べられない。そう思うと本当に残念でなりません。

ちなみに、六本木の名店「かね萬六本木」はこちらのお店で働いていた方が独立されてやっているお店です。経営者が違うのでメニューもけっこう違いますし、場所もあって全体的に高めの価格設定ですが、味は折り紙つき。東京でもこの素晴らしい生肉が味わえる貴重なお店でした。残念ながら、あの事件以降だんだんと規制が厳しくなり、今年から生肉の提供は一切やめてしまってます。本当に悔しいです。
こちらもタン焼きお薦めなんで、こちらのお店に近いライヴ会場もあるので、またライヴ帰りにいった時にレポさせていただきたいと思っています。

【かね萬】
TEL:092-714-6978
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-1-18 2F
営業時間 :18:00~24:00
定休日:日曜・祝日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«たかま(広島/ホルモン天ぷら)